スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事終了を迎えた「The Division」オープンベータの参加者が640万人を突破、現世代向け新ブランド最大のベータを記録

「The Division」
迫る3月8日のローンチ(日本語版は3月10日発売)に向け、昨晩PS4とXbox One、PC版のオープンベータテストが予定通り終了を果たした「Tom Clancy’s The Division」ですが、新たにUbisoftが今回の実施規模を報告し、参加者が640万人を超えた“The Division”のオープンベータテストが、現世代プラットフォーム向けの新ブランドとして過去最大規模のベータになったとアナウンスしました。
また、発表に併せて平均プレイ時間やダークゾーンから回収されたアイテム数を含むベータテストの興味深い統計情報が登場しています。

■ “The Division”オープンベータテストの統計情報

プレーヤーがエージェントとして“The Division”のオープンベータ世界で過ごした平均プレイ時間はおよそ5時間。
プレーヤーは平均で約2時間をPvPゾーンで過ごし、およそ50%のエージェントがローグとなるなど、ダークゾーンがとりわけ人気の高いコンテンツであることが明らかになった。
ダークゾーンから6,330万9,800を超える汚染アイテムの回収に成功した。



無事終了を迎えた「The Division」オープンベータの参加者が640万人を突破、現世代向け新ブランド最大のベータを記録

スポンサーサイト

コメント

ブサメンのワイ、死亡wwww

URL | 編集

「自分をスキャンしたアバターを使って」

解散解散ーー

URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。