スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』海外レビュー


naruto.jpg
『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』の海外レビューです。

ジャンル:格闘
機種:PS4/Xbox One/PC
開発:CyberConnect2
販売:ナムコバンダイ

9.0/10 Softpedia
良い点:
・奥の深いストーリー・モード
・手堅い格闘システム
・最高のアートとサウンド・デザイン
悪い点:
・長すぎるカットシーン
・初心者には文脈が理解できない

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は手堅い格闘ゲームで、キャラクターの切り替えや豊富なコンビネーションで独自性を出している。
長年のファンやアニメのファンにとって最も魅力的なのはストーリー・モードであり、物語とビジュアルの両方におけるディテールへのこだわりが素晴らしく、現行機のパワーを最大限活用している。
ファン以外に向けてもう少し敷居を下げても良かったと思うが、ファンでなくとも格闘シークエンスに感心するだろうし、主人公たちの行く末が気になるだろう。
9.0/10 God is a Geek
良い点:
・素晴らしいグラフィック
・素晴らしく滑らか
・多種多彩なモード
悪い点:
・初心者には分かりにくい
・長すぎるカットシーン

多彩なモードを提供する素晴らしい格闘ゲームだが、カットシーンとストーリーテリングが盛り沢山なので、万人向けではないかもしれない。
9.0/10 Brash Games
デカデカと書かれた『4』という数字と『ナルト』という名前を見てやる気を失う人も多いだろうが、深い伝承と威圧的なタイトルにもかかわらず、本作は極めて敷居が低く美しい、底抜けに楽しい『ナルト』ゲームなので安心してほしい。シリーズのファンには当然アピールするし、格闘ゲームのファンも大いに楽しめるだろうが、正直な話、CyberConnect2の『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は万人にお勧めできるゲームだ。傑作ゲームというのはジャンルを超越するものであり、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は正にその傑作なのである。
4.5/5.0 Twinfinite
良い点:
・スピーディなゲームプレー
・膨大なファイターのロースター
・現行機への飛躍で全てが美しく
・シリーズで最も洗練されている
・凄いリーダー・システム
悪い点:
・新鮮味はない

コンテンツは豊富だし、そのコンテンツを体験する選択肢も盛り沢山。『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』にはシリーズを進化させるような新鮮味はないものの、その必要もないように感じられる。大きな成功を収めてきたフォーミュラだし、幾つかの調整が加えられた本作は、間違いなくシリーズ最高傑作だ。使い甲斐のある膨大なロースター、山ほどの特殊攻撃、最新ゲーム機の鮮やかなビジュアル、末永く没頭できるだけのボリューム。『ナルト』は大きく成長し、もはや手加減はしなくなった。遂にやって来た大戦に、大喜びで参戦しよう。
4.5/5.0 Game Revolution
『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』はシリーズ最高傑作に相応しい最終章だ。アニメ格闘ゲームとしてだけでなく、格闘ゲームとしても素晴らしい。『ナルト』ファン向けではあるものの、新規ユーザーの心も掴むはずだ。『ナルティメットストーム4』は素晴らしいショーであり、未知の未来が待っているとはいえ、これからも続くことは間違いない。
8.5/10 GameGrin
『疾風伝』物語を楽しく派手に締めくくる『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は、確かに究極の『NARUTO-ナルト-』ゲームだ。全てのキャラクター、全ての戦いが何らかの形で存在している。『ナルティメットストーム』シリーズの頂点だ。
8.0/10 TheSixthAxis
良い点:
・素晴らしいビジュアル
・驚異的な格闘
・豊富なコンテンツ
・楽しいゲームプレー
悪い点:
・初心者に厳しい
・アドベンチャー・モード時のポップイン
・デイワン・パッチ以前のオンラインのバグ

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は、このゲーム・シリーズとアニメのファンに相応しいフィナーレだ。多種多様なコンテンツ、膨大なロースター、驚異的なビジュアルなど、フランチャイズに慣れ親しんできた人たちにはど真ん中だろう。だが、初心者にとっては残念なことに、美しいが不可解な格闘ゲームになるだろう。
8.0/10 PlayStation LifeStyle
良い点:
・息を呑むほど美しいグラフィック
・アクション満載でエキサイティングな格闘
・格闘中のキャラクター切り替えがゲームプレーに深みを加えている
・召喚中の戦闘は極めてクール
悪い点:
・ストーリー・モードでの過剰なQTE
・シリーズの新規ユーザーには難易度が高い
・かなり強引な物語要素

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は、61キャラクターという膨大なロースターと、息を呑むほど美しいビジュアルを愛でる、長年のファンへのラブレターであるべきだ。一方、新規ユーザーを無視してもいけない。彼らは陳腐な少年物語やチュートリアルの欠如を嘆くかもしれないが、テンションが高く多彩な格闘スタイルは確実に楽しめるだろう。CyberConnect2の社長である松山洋は、末永く楽しめるゲームを作ろうとしたそうだ。このフランチャイズのぶっ飛びまくった狂気が好きなら、正しくそれが手に入るゲームである。
8.0/10 Destructoid
『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は格闘ゲームとしてはかなりシンプルで、メカニック的にはあまり進化していない。私にとってはありがたいことに、そのどちらも問題ではない。ケバケバしく荒唐無稽なスペクタクルで、十代のニンジャがマジック攻撃で星を破壊する様を見ることができるのだ。とにかくクール。

私のように、『忍界大戦』の序盤に『NARUTO -ナルト-』から離脱した人にとっては、数時間を費やして物語の行方を見守るのに最適である。
8.0/10 Push Square
『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』はシリーズでもトップ・クラスの出来で、近年で最も優れたアニメ格闘ゲームの一つかもしれない。息を呑むアクション・シナリオを生み出すCyberConnect2の手腕は見事なストーリー・モードで発揮されているが、それが終わっても、オンラインとオフラインの両方に盛り沢山のコンテンツが収められているし、改良が加えられた楽しい格闘システムは、ファンに今後への期待を抱かせるはずだ。この最終作で嵐は過ぎさろうとしているが、素晴らしいライト・ショーだったことは間違いない。
4.0/5.0 Attack of the Fanboy
『疾風伝 ナルティメットストーム』シリーズは、4作目となる最終作で有終の美を飾っている。過去作の教訓を生かして進化させたゲームプレーには、ファンを喜ばせる新フィーチャーを実装。全体の完成度も随一だ。『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』は、シリーズで最も美しく楽しい作品で物語を締めくくってみせている。
7.0/10 Metro GameCentral
良い点:
・アニメを完全に再現した演出
・ファン以外をも魅了するディテールへのこだわり
・膨大なロースターと豊富なオプション
悪い点:
・格闘が比較的シンプルで、過去作との差異があまりない
・新規ユーザーには意味不明で殆どがカットシーンのストーリー・モード

ゴージャスなグラフィック、強固な格闘、複数のゲーム・モードなど、アニメ・ファンだけのものではない見事な格闘ゲームに仕上がっている。
5.5/10 IGN
良い点:
・三つ巴
・膨大なロースター
悪い点:
・貧弱なAI
・底の浅いアドベンチャー・モード
・接続障害

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』はシリーズ最高峰へとゲームプレーを磨き上げており、膨大なプレーアブル・キャラクターを提供してくれる。残念ながら、バグだらけのAIに苦労させられる、短く酷い演出のキャンペーン、記憶に残らないアドベンチャー・モード、接続障害だらけのオンライン・マッチのせいで、ポテンシャルが全て台無しになっている。『ナルティメットストーム』シリーズは悲しいかな有終の美を飾ることはできなかった。





『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』海外レビュー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。