スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発売が迫る新生「DOOM」のキャンペーンは13時間以上のボリュームを擁する、ファンの質問に答えたidが説明

「 DOOM」
先日、容赦ないゴア表現と流れるような戦闘が印象的なキャンペーントレーラーがお披露目され、発売日が2016年5月13日に決定した新生「DOOM」ですが、新たに本作の公式Twitterがファンの質問に答え、来る最新作のキャンペーンが13時間以上のボリュームを擁すると明かし話題となっています。
idによると、プレイ時間は難易度によって前後するものの、スタジオにおける平均的なプレイ時間はおよそ13時間以上だと説明しています。


参考:新生“DOOM”の素晴らしいキャンペーントレーラー
また、他の質問に応じた公式Twitterによると、先日ご紹介したお馴染みコナンのClueless Gamer最新エピソードに登場したビルドは(当然ながら)製品版ビルドではないとのこと。
さらに、予約特典“Demon Multiplayer Pack”に同梱される消費Perk“Hack Module”がゲームプレイを通じてアンロックされるもので、マイクロトランザクションを利用したものではないことを明言。こちらについては、近くさらなる新情報がアナウンスされる予定となっています。


.@Unreal389 The difficulty level plays a factor, but folks playing at the office average 13+ hours in the campaign
? DOOM (@DOOM) 2016, 2月 11


@g_carroll16 @DEMONFUNKY @idSoftware yes. It’s not the final release of the game.
? DOOM (@DOOM) 2016, 2月 8


ICYMI: Hack Modules are consumable passive abilities unlocked playing the game, NOT through microtransactions. We’ll share more info soon.
? DOOM (@DOOM) 2016, 2月 5



発売が迫る新生「DOOM」のキャンペーンは13時間以上のボリュームを擁する、ファンの質問に答えたidが説明

スポンサーサイト

コメント

ゴキブリ脱糞

URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。