スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語版「トラックマニア ターボ」の発売が3月24日に決定、新トレーラーと字幕入りの解説映像も

「Trackmania Turbo」
先日、アメリカとヨーロッパ向けのローンチが3月末に決定したNadeoの人気アーケードレーシングシリーズ最新作“Trackmania Turbo”ですが、新たにUbisoftが日本語版「トラックマニア ターボ」の発売日決定を正式に発表し、日本語版の発売が3月24日に決定したことが明らかになりました。
また、発売日の決定に併せて日本語版の公式サイトがオープンしたほか、エクストリームなゲームプレイを描いた発売日発表トレーラーと、開発者が最新作の特徴やゲームプレイ、2人で1台の車を同時に操作するCo-opモード“Double Driver”の概要を紹介する興味深い字幕入りの解説映像が登場しています。


新たに公開された“トラックマニア ターボ”の発売日発表トレーラー


IPディレクターのトミー・フランソワ氏が解説を加えた開発映像

■ 製品概要

タイトル名:トラックマニア ターボ
ジャンル:レース
プラットフォーム:PlayStation4、Xbox One、PC
価格:

PS4版4,980円(税抜)
Xbox Oneダウンロード版、PS4ダウンロード版価格:4,300円(税抜)
AmazonPCダウンロード版 価格:4,800円(税抜)

発売日:2016年3月24日(木)
CEROレーティング:A
公式サイト:http://www.ubisoft.co.jp/tmt/
権利表記:c 2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries. Nadeo and Trackmania logo are trademarks of Nadeo in the US and/or other countries. Nadeo is a Ubisoft Entertainment company.



日本語版「トラックマニア ターボ」の発売が3月24日に決定、新トレーラーと字幕入りの解説映像も

スポンサーサイト

コメント

ゴキブリ脱糞歓喜

URL | 編集

クソ映画マニアというのは存在する

URL | 編集

こういうのって出演者どういう気持になるんだろうなあ
でもそこまで酷評だと撮影してる時点で「あ、これ糞だ」って自覚しちゃってるか

URL | 編集

ストレージ24?

Uちゃんプレミアム「勝ったどー」

URL | 編集

お前そればっかだけどセツナはぶっちゃけ地雷臭するわ
闘鬼伝はワクワク感パないから続報がはよ欲しい
サガは流石にまだなんとも言えんだろ

URL | 編集

昨日リアルタイムで見たけど…
これはくそ過ぎた…

URL | 編集

見たわこれマジでひどかった
割りとCG使ってたから、多分他の大作映画のCGシーンの一部を請け負うための
技術宣伝映画なんだと思うわ
あるいは役者やその他スタッフの宣伝かスキルアップ
脚本なんて最初からどうでもいいんだろう

URL | 編集

死霊の盆踊り以上のクソ映画はありません!

URL | 編集

任天堂のゲームは見えてる地雷でも踏みたくないよね

URL | 編集

笑えるクソ映画なら需要はあるぞ

URL | 編集

アメリカにしては珍しい邦画並のクソ映画

URL | 編集

誰もやってることを知らなかったから72ドルなんだろ
クソ映画でも知ってればもっと人入るわ

URL | 編集

いや、72ドルってのは、大作揃いで店に拒否され1店舗だけ上映してもらっただけだからww

アバズレ女にケバい女、アバズレ女の元彼(別れた理由をアバズレ女に聞きにきた)、アバズレ女の彼氏、癖のある親父
アバズレ女の彼氏なんて、あのタイミングでアバズレとやろうとしてるとか…でも本性は最低
元彼がややこしい奴かと思ったら一番かっこよくなってたww

感じんのエイリアンは、戦隊物に出てきそうなエイリアンww

URL | 編集

このあらすじでジャンルがホラーって書いてあった時点でクソ映画って分かる話よね。
何で、倉庫に閉じ込められたでホラーになるんだよとw
奇を衒ったんだろうけど、やっぱ無理が有ったって事やな。録画せんで良かったわ。

URL | 編集

ここまで少ないと単純に見に行った人が少ないんじゃない?
そんな少ない人数でクソとか広まらんと思うけどなぁ

URL | 編集

海外モノには珍しい日本映画臭のある作品だった
B級以下はギャグ色がありツッコミ所がウリのハズなのに妙に真面目に作られてる
人に感想きかれたら「まぁ他の映画みたほうがいいよ」って言えちゃう作品

URL | 編集

「予告ではクソ面白そうなのに、実際の本編はクソツマラナイ」
こういう映画は、予告を編集した奴こそ評価すべき。というか予告編集した奴に映画撮らせろw

↑このツッコミは秀逸だと思った

URL | 編集

糞映画の基準ってなに?俳優が噛みまくりとか?セットが学芸会レベルとか?

URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。